もみじ歯科医院

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2020.09.16更新

9月も後半になり朝晩は少ししのぎやすくなってきましたね。

院長の城です。

今日はむし歯の成り立ちについて。

むし歯

部活を頑張っている中学生・高校生の生徒さんに時々見られるのですが、

上の写真ようなむし歯を作って来院される事があります。

なぜこのようなどちらかというと磨きやすい場所にむし歯ができてしまうのでしょう?

脱灰

図に示されている様に、歯の表面では絶えず「脱灰」と「再石灰化」が行われています。

エナメル質からカルシウムやリンなどのミネラルが抜け出すのが「脱灰」

唾液やフッ素の役割も取り入れながら、先述のミネラルが戻ってくるのが再石灰化。

このバランスが崩れてしまうとエナメル質が破壊され、穴があいてしまします。

これを「実質欠損」といい、治療が必要なむしばになります。

では、なぜ部活を頑張っている中学生・高校生の生徒さんに写真の様なむし歯が

時々できてしまうのでしょう?

その解説は次回に。

 

 

投稿者: もみじ歯科医院

2020.09.04更新

台風10号が近づいていますね。

菊池は現在は曇りで、小雨がぱらついている程度で風もひどくありません。

報道によれば、特別警報級の勢力で九州に接近してくるとのことです。

警戒するにこしたことはなさそうです。

 

当院では、開業して間もない頃、大きな台風によって窓ガラスが割れ、屋根が浮き上がり...

といった被害に遭った事があります。

あんな怖い思いは二度としたくないですね。

 

患者様の安全を確保するため、そしてスタッフの安全を確保するために

7日(月)午前中は休診 させていただきます。

午後は通常通りの診療を行います。

ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

 

投稿者: もみじ歯科医院

2020.09.01更新

ITI

こんにちは。
もみじ歯科医院 院長の城です。


 記録的な猛暑で、暑い暑いと言いながら過ごしていた
8月も昨日で終わり、今日から9月が始まります。
秋の気配を感じる季節を迎え、早く過ごしやすい気候
になるといいですね。


 さて、2日前の日曜日、ZoomにてITI Study Club 九州支部会が開催され、

プレゼンテーションを行ってきました。

プログラムの私の氏名が間違って記載してありますが、そこはご愛敬という事で。

オンラインでしたから、自宅でPCの前で発表という、なかなか慣れないと今までとは勝手が違う発表形式です。

発表自体はうまくいったと思うのですが、聴衆の反応がリアルタイムでは見えないので、若干難しい点もありますね。

スポーツでも無観客試合が多くて、観客がいないとこんな感じなのかなと思いました。

何はともあれ、他の先生方のご発表も素晴らしく、またまた臨床を頑張ってやっていこうといういい機会にになりました。

 

投稿者: もみじ歯科医院

2020.08.10更新

こんにちは。

院長の城です。

熊本では先週、先々週と新型コロナウイルスの感染確認が相次ぎました。

当院では大阪府の知事の発言以前から、患者様に診療前のイソジンによるうがいを励行していただいています。

また、以前にもブログで書きましたが、歯科衛生士、歯科医師による処置を行う際には、フェイスガードを装着し、感染防止に務めています。

なお、診療室入室前のアルコールよる手指の消毒の徹底は継続していただくと共に、入室の際のマスクの着用をお願いしております。

また検温の徹底をお願いし、37.5°C以上の発熱を認める方に関しては診察をお控えいただく場合もございますので、何卒ご理解とご協力の程お願いいたします。

投稿者: もみじ歯科医院

2020.07.18更新

みなさん、こんにちは。

院長の城です。

将棋の藤井聡太七段が渡辺明三冠に勝利して新棋聖になりましたね。

コロナ、豪雨災害と暗いニュースが続いた中で久々に明るいニュースでした。

私の愚息が藤井聡太棋聖と同学年で、しかも将棋部でしたので、勝手ながらいつも親近感を持って対局を拝見していました。

その藤井聡太棋聖、一夜明けての記者会見で、

「探究心を持って...」とコメントしていました。

また、羽生善治永世七冠もご自身の著書の中で、

「以前、私は、才能は一瞬のきらめきだと思っていた。

しかし今は、十年とか二十年、三十年を同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。」(決断力、2005)

と述べておられます。

私たちの仕事にも通じる言葉ですね!

プロ中のプロの言葉に学んでいきたいと思います。



 

投稿者: もみじ歯科医院

2020.07.09更新

まだ雨が降り続いています。

もみじ歯科医院・院長の城です。

このたびの熊本・大分・福岡を中心とした豪雨災害でお亡くなりになられた方々に哀悼の意を表すると共に、被災された方々の生活が一日でも早く日常を取り戻せるように、同じ熊本県民としてできることを行っていきたいと思います。

 

さて、先日、医歯薬出版社より小生の症例報告論文がm月刊「歯科技工」(歯科雑誌)に掲載されたとのお知らせがありました。

歯科技工#1

インプラントを絡めた全顎的な補綴治療について考察した症例です。

歯科技工2

歯科医院を来院される患者さんはさまざまな理由(むし歯、歯周病、欠損の放置、かみ合わせの問題など)で口腔内が崩壊し、「噛めない」「見た目が悪くなった」などの大きな問題を抱えて来院される方もいらっしゃいます。

そのような患者さんたちは、長い年月かけて徐々に口腔内の崩壊が進行し、崩壊の原因が複雑に絡み合っている場合が少なくありません。

そんな複雑なケースに対しては、術前の口腔内写真、レントゲン写真、歯列模型などから崩壊の原因を一つ一つ解きほぐして、時間をかけて、丁寧に治療を進め、「しっかり噛めて」「見た目も良く」「長持ちする」状態に戻していかなければなりません。

今回の論文掲載はそのような念いで書かせていただきました。

もちろん、日頃からのスタッフの協力がなければ、論文などかけません。スタッフには感謝!です

また、同じスタディーグループの諸先輩の先生方からは、いつもご助言をいただき、あらためて御礼申し上げます。

 

今後も少しでも来院される患者さんたちの口腔内が「しっかり噛めて」「見た目も良く」「長持ちする」状態を獲得できるよう研鑽を積んで参ります。

 

 

 

 

投稿者: もみじ歯科医院

2020.07.05更新

熊本県南部、人吉、球磨、八代は大雨と球磨川の氾濫によって甚大な被害を受けています。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げますと共に一日でも早い復旧、復興をお祈りいたします。

 

さて、週末にユニクロから医療機関にという事で、平形マスクのご提供をいただきました。

コロナウイルスがいきなりパッと消えてなくなるわけではなさそうですから、これからの新しい生活様式ではマスクは必需品です。

もちろん歯科医院という環境下においては、スタッフ一同マスクは手放せないものになります。

当院でも、4月中旬あたりには、マスクがかなり入手困難な状況に陥りました。

これからのウィズコロナの時代、地域の歯科医療を担って行く上で大変にありがたい提供マスクでした。

感謝の気持ちを持って、今後も微力ではありますが、地域の歯科医療に携わっていきたいと思います。

ユニクロマスク

投稿者: もみじ歯科医院

2020.06.28更新

週末は、土曜日が大雨、一転して日曜日は夏本番の様な蒸し暑さを示しました。

熊本・菊池のもみじ歯科医院 院長の城です。

先週だったか、所属している日本歯周病学会から本が送られてきました。本

歯周病と全身的な病気の関連性について分かり易くまとめてあります。

 

さて、6年に一回行われる、厚生労働省の歯科疾患実態調査によれば、80歳で20本の歯を有している、いわゆる8020(ハチマルニイマル)達成者の割合が平成28年調査時点で50%を越えた。という事です。

つまり、ご自分の歯をたくさん有している高齢者の方は、以前と比較すると増えてきている!という事です。

しかし、その分、75歳以上で、4mm以上の歯周ポケットを有する方(歯周病罹患者と言ってもいいと思います)も増加傾向にあるという事が示されています。

歯周病による微弱な炎症が、全身のいろいろな病気と関連性がある事が近年分かってきていて、4mm以上の歯周ポケットを有する方はもちろん、歯周病の自覚症状がない方でも、歯科医院で定期的に検診、あるいは治療、メインテナンスを受けていくことが重要です。

皆さん、歯周病検診、治療、メインテナンスをぜひ歯科医院で!

投稿者: もみじ歯科医院

2020.06.23更新

先週から都道府県をまたぐ移動が可能になりましたね。

週末は以前の週末のように人出が戻ってきているようでした。

町中を走っている車の量も多かったですね。

こんにちは。院長の城です。

そんな週初めの月曜日、東京のアース製薬から講師の野々山さんをお招きし、院内ランチョンセミナーを行いました。

含嗽剤で有名な「モンダミン」です。

歯科医院専売の「モンダミン ハビットプロ」が発売されたということで、その臨床効果、薬理効果について詳しく説明してもらいました。

歯周病予防の臨床例、プラークがつきづらくなること、義歯を装着している患者さんへの臨床例、インプラントOPE前からのモンダミンハビットプロ使用による有効性、そして介護現場での使用方法など、大学での研究成果や様々な歯科医院からの報告を共有することができました。

当院のスタッフからもたくさんの質問がでて、より理解が深まった!と言っておりました。

研修

ただ、うがいだけでは歯周病は治りません。

ブラッシングを中心としたご自身によるプラークコントロールと歯科医院で行うプロフェッショナルケアを補完するものだと理解して下さいね。

もみじ歯科医院では、歯ブラシ、歯磨剤、歯間ブラシ、フロス、そして「モンダミンハビットプロ」など、患者さん個人個人にあったご提案をしています。

ぜひ、ご相談下さい!

研修2

投稿者: もみじ歯科医院

2020.06.14更新

マスク

熊本・菊池は大雨の週末でした。

院長の城です。

 

さて、先週、自宅と医院にそれぞれいわゆる「アベノマスク」が届きました。

ありがたいことです。

「新しい生活様式」の実践として

①ソーシャルディスタンスの確保

②手洗いの徹底   と共に

③マスクの着用 

が提唱されています。

街中でもほとんどの方々がマスク着用されています。

 

しかし、マスクはしているけれども、

鼻孔は覆えていない人、

マスク外すときに耳にかけるゴム紐の部分ではなく、口元の部分を摑んで外す人、

時々みかけませんか?

 

これから暑くなりマスク着用も大変ですが、マスクの着用は正しく行いたいものです。

 

 

投稿者: もみじ歯科医院

前へ
SJCD歯医者ガイド もみじ歯科医院健康の入り口