歯がない方の治療

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

お口の状態と残った歯を考慮に入れ、
失った歯を適切な方法で補います。

たとえ、いま食事等に不自由がないとしても、失った歯がない状態が長く続くと、残った歯に負担がかかり、やがて弱っていきます。歯のないところに歯を入れることは、残った歯を守るためにも大切なことなのです。
当院では、虫歯や歯周病等で歯を失った方に対し、噛み合わせのバランスや現在残っている歯を考慮に入れ、適切な治療法をご提案いたします。ご予算など患者さまのご希望もお伺いいたしますので、お気軽にご相談ください。

歯を失った方に対する治療は以下の3つとなります。
いずれの治療においても、治療後のアフターケア、メンテナンスが大切ですので、歯を入れた後も、3カ月から半年に1回の定期的な状態のチェックが必要です。

入れ歯

入れ歯に関しては、当院で新しく製作することはもちろん、他院でつくられた部分・総入れ歯の調整も承っております。

こんな方におすすめ!

  • 費用を安く抑えたい
  • 治療期間をかけたくない
  • 健全な歯を削りたくない
  • 手術をしたくない

入れ歯の種類

保険適用の入れ歯 入れ歯の土台となる部分がプラスチックの入れ歯です。
費用が安く治療期間も短いのですが、入れ歯の厚みの違和感があったり、熱の伝わり方が遅かったりするため食感を感じにくいというデメリットがあります。
金属床義歯(自費) 入れ歯の土台となる部分を強度に優れた金属にした入れ歯です。
薄くて軽いため違和感が少なく、金属の熱伝導率で食事の温度や食感を楽しめます。
マグネットアタッチメント義歯(自費) 磁力を利用した入れ歯です。金属を埋め込んだ歯根に、超小型の磁石が取り付けられた入れ歯を密着させます。
強力な磁力が入れ歯のガタつきを抑え、金属のバネがなく見た目がよいのが特徴です。
シリコーン義歯(自費) 歯茎との接触面を生体用シリコーンで覆った入れ歯です。
生体用シリコーンはやわらかく、クッション効果があるため、歯ぐきにぴったりフィットします。しっかり噛めて痛みも感じません。
ノンクラスプ義歯(自費) 一般的な部分入れ歯のように金属のバネを使用しない部分入れ歯です。入れ歯と気づかれにくく、軽くて舌触りもよく、金属アレルギーの心配もありません。

ブリッジ

失った歯の両隣に残っている歯を削って橋桁(ブリッジ)として用い、橋を渡すように新たな歯を補う方法です。健全な歯を削る必要はありますが、固定式なので入れ歯より違和感がなく、自分の歯と同じような感覚で噛むことができます。

こんな方におすすめ!

  • しっかり噛みたい
  • 治療期間をかけたくない
  • 入れ歯の違和感が嫌だ
  • 手術をしたくない

ブリッジの種類

保険診療で製作する一般的なブリッジ、いわゆる銀歯のほか、見た目も使い心地もよいメタルボンドセラミックやジルコニアセラミック素材のブリッジも自費診療でご提供いたします。

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に、外科手術によって人工歯根を埋め込み、それを土台として人工歯を取りつける治療法です。

当院では、術前検査としてCTデータによる3Dシミュレーションを行い、患者さまにもその画像を見ていただきながらわかりやすくご説明いたします。ご不明な点は何でもお尋ねください。

また、シミュレーションを正確に手術に再現させるガイデッドサージェリーという手術法を採用しています。
この手術法は一般外科でいえば内視鏡手術のように、ほとんど切開する必要がなく、出血や痛みも腫れも非常に少なく、患者さんの身体への負担が少ない手術です。外科手術に不安がありインプラントをためらっていた患者さまも安心してインプラントを選択することができます。

インプラントは、人工歯根が顎の骨につくのを待ってから型を取って固定式の歯を入れるため、手術後、歯が入るまで約3~6カ月の治療期間が必要です。

こんな方におすすめ!

  • しっかり噛みたい
  • 欠損した歯の本数が多い
  • 健全な歯を削りたくない
  • 費用より快適さを重視する
〈費用〉
1本340,000円+税(人工歯込)
SJCD歯医者ガイド もみじ歯科医院健康の入り口